わきがのしくみ

誰でも脇の下に汗をかきますが、脇の下の汗の分泌腺は、エクリン腺とアポクリン腺の2種類に分けられます。

エクリン腺は全身に分布していて、ここから分泌される汗には特別な臭いはありません。

主に体温調整のために汗を出す分泌腺です。

一方、わきがと言われる独特のニオイを発するのが、アポクリン汗腺から出る汗です。

この汗腺は全身でも、わきの下、性器の周辺、耳の中、乳首のまわりなど、決まった場所に集中しています。

この汗は粘り気があり、脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・アンモニアなどが成分の中心になっています。

汗じみ・黄バミの原因を作る汗です。

そしてこの汗が皮膚の細菌と混ざって分解される時に、独特のニオイを発し、ワキガの原因になるのです。

わきがの困ったところは、自分が発しているニオイには慣れてしまい気づきにくく、他人が発するニオイには敏感に反応してしまいがちな点でしょう。

迷惑をかけていることは自分では気づかないことが多いのです。

わきがのこと、気になっていても実は知らない事が多かったりします。

わきがガイドのようなお役立ちサイトを利用しながらわきがに対して正しい知識を持つようにしましょう。

また、当サイトでもわきがに関して色々と得た情報をのせてゆきますのでよろしければこちらもチェックしてくださいね。